Copy
イクレイ日本 eニュース
イクレイ日本e-ニュース第16号 2016年10月5日
イクレイ日本e-ニュース第16号をお届けします。
このメールはイクレイのメールニュース配信をご希望いただいた方及びイクレイスタッフが名刺交換させていただいた方へ配信しております。
【目次】
 

HABITAT Ⅲが開催されます(10月17-20日、エクアドル・キト)

 第3回国連人間居住会議(HABITAT Ⅲ)が、2016年10月17日-20日にエクアドル・キトで開催されます。都市化と人間居住に係る課題の解決に向けた新たな国際的な取組方針「ニュー・アーバン・アジェンダ」が採択される予定です。
 また、HABITAT Ⅲは国連「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標11「持続可能なまちづくり」をはじめ、目標13「気候変動へのアクション」における都市の役割や課題について議論する絶好の機会でもあります。革新的な都市の活動が持続可能な社会の実現に不可欠であることを示すため、イクレイでは、世界を先導する会員都市とともに、エコモビリティ、世界首長誓約、レジリエントシティ等に関する、各種イベントを開催します。

詳細

第1回世界ご当地エネルギー会議が開催されます(11月3-4日、福島市)

 地域が中心となって進める自然エネルギー(コミュニティパワー)のリーダーたちが世界各地から集い、自然エネルギーが果たす役割や戦略、国・自治体レベルでの方向性等について議論が行われる予定です。「100%再生可能エネルギーを目指す都市・地域ネットワーク」を構成するイクレイも、同会議に貢献します。

詳細

第11回イクレイ持続可能な都市研究会(イクレイ・カフェ)を開催しました(9月14日)

 第11回イクレイカフェは、イクレイ会員都市の皆様の関心が高い「再生可能エネルギー」をテーマとして取り上げました。
 地球環境戦略研究機関(IGES)から、林志浩主任研究員・冨永聖哉客員研究員を講師としてお迎えし、「自治体が関与する小売電気事業」についてご発表いただきました。事業拡大の背景や事業の分類、域内資金循環の効果などの総論を分かりやすくご説明いただいたうえで、具体的に、みやま市や北九州市などの実例を学ぶことができる貴重な機会となりました。
 日ごろ、再生可能エネルギーの普及・促進業務に従事されているイクレイ会員都市の担当者にもご参加いただき、カフェならではの雰囲気の中で、適宜、講師の方への質問を交えながら、フランクに、各都市の取組状況を紹介・意見交換することができました。

詳細

「ソウルコミュニケ2016」の参考和訳を掲載しました


 ソウル市とイクレイの共催で2016年9月1日-2日に韓国・ソウル市で開催したソウルメイヤーズフォーラムにおいて、ソウル市パク市長をはじめとする34都市の代表団による共同声明「ソウルコミュニケ」が発出され、本年11月モロッコ・マラケシュで開催されるCOP22に向けて、自治体の取組を勢いづけるものになりました。​

【北九州市】環境活動推進月間「北九州エコマンス」について

 北九州市では、10月に「北九州エコマンス」という環境活動推進月間があります。
 北九州エコマンス期間中に行われる環境イベント等に参加し、環境活動に取り組んでみませんか?

 「北九州エコマンス」期間中のイベント(一部抜粋)

●エコライフステージ2016
日時:平成28年10月8日(土)~9日(日)11時~16時
場所:北九州市役所周辺広場

 日ごろから環境活動に取り組む市民団体・NPO・企業・学校など約80団体が出展し、様々なエコライフを提案する西日本最大級の環境イベントです。
 会場では「3つの取り組み((1)ごみゼロプロジェクト、(2)電気ゼロプロジェクト、(3)あしたのごはん(3切り運動)プロジェクト)」など環境に配慮した運営を行います。

●エコテクノ2016
日時:平成28年10月12日(水)~14日(金)10時~17時
場所:西日本総合展示場・新館、AIMビル3階

 地球環境・新エネルギ-に関する技術展&セミナーです!興味のある方はぜひご参加ください!

各イベントのお問合せ先や、その他イベントの詳細は、下記の北九州市ホーム―ページをご参照ください。
 (北九州市環境局総務政策部総務課)

イベント詳細

北九州市環境マスコットキャラクター©ていたん&ブラックていたん,北九州市

【京都市】「都市油田」発掘プロジェクトがグッドデザイン賞を受賞しました

 本市が実施している、生ごみや紙ごみからバイオエタノールを製造する「都市油田」発掘プロジェクトが、(公財)日本デザイン振興会の「2016年度グッドデザイン賞」を受賞しました。
 受賞に当たり、審査委員からは「有害物質を発生することなく、ごみから資源をつくることができる、素晴らしいチャレンジである。これまでも廃油などの回収は進められているが、この方法であれば、より簡易な分別でエネルギーを得られることになる。全国のごみ処理場へ導入できるよう、さらなる発展を目指していただきたい。」と評価をいただきました。
 今後も「都市油田」発掘プロジェクトの取組を国内外に広く発信することで、環境先進都市である本市の環境政策についてアピールしてまいります。
 (京都市環境政策局地球温暖化対策室)

詳細       (写真提供:京都市)

【さいたま市】第16回さいたま市環境フォーラムを開催します


 さいたま市内では、地域や学校、事業所などにおいて、様々な環境保全のための活動が行われています。今年で16回目となる本フォーラムは、それぞれの主体が日ごろの活動について発表することを通じ、お互いの情報を交換し交流する場、また、多くの方々に環境に関心を持っていただくための環境教育・学習の場を創出することを目的に開催します。
 環境に関心を持ち、何ができるかを考え、身近なところから行動を始めていただく機会として、ぜひご参加ください。

日時 平成28年10月7日(金)・8日(土) 10:00~16:00
会場 さいたま新都心駅東西自由通路
内容 市民、事業者、学校、行政などによる環境への取組に関するパネル展示や活動紹介、ミニステージでの環境に関するアトラクションなど
    ※見学自由
    ※スタンプラリー参加者には、記念品を差し上げます(各日先着300名)

主催 さいたま市環境フォーラム実行委員会、さいたま市、さいたま市教育委員会
後援 環境省関東地方環境事務所、さいたま商工会議所、さいたま市環境保全連絡協議会

イベント詳細については、市ホームページをご覧ください。  
 

アルゼンチン、新たに27自治体が気候変動政策に関する「首長誓約」に加盟

 今年9月に、新たにアルゼンチンの27自治体が、首都ブエノスアイレスに並んで​気候変動政策に関する「首長誓約」(Compact of Mayors)に参加しました。これらは、アルゼンチンの気候変動に取り組む自治体ネットワーク(Network of Argentinian Cities on Climate Change)とイクレイ南アメリカ事務局による新たな協力体制により、実現されました。今後も、アルゼンチンにおける「首長誓約」の更なる展開が期待されています。
 「首長誓約」は、世界の先進的な自治体の首長が自らの気候変動対策と、その進捗報告を約束することにより、世界的な気候変動の取組を加速させるものです。現在、世界550自治体が、気候変動緩和策と適応策の世界共通の報告の枠組みへの賛同を表明しています。

アイスランド・レイキャヴィーク、2040年までにカーボンニュートラルを目指す

 イクレイ会員である、アイスランドの首都レイキャヴィークが、2040年までに「カーボンニュートラル」を宣言し、その達成に向けた行動計画を発表しました。
 レイキャヴィークは、2009年にアイスランドで初めて温室効果ガス削減に関する政策を策定した自治体としても知られています。更に野心的な目標を目指すために、同市議会は今回の新しい目標を掲げることを決定しました。

イベント

2016年

2017年

一般社団法人イクレイ日本
(イクレイ-持続可能性をめざす自治体協議会)


〒105-0003
東京都港区西新橋1-14-2
新橋SYビル4F
TEL: 03-6205-8415
FAX: 03-6205-8416

Email: iclei-japan(at)iclei(dot)org
URL: www.iclei.org/japan

イクレイについて


「イクレイ(ICLEI)-持続可能性をめざす自治体協議会」は、持続可能な社会の実現を目指す1,500以上の自治体で構成された国際ネットワークです。気候変動対策、低炭素社会づくり、生物多様性の保全、スマートインフラ構築、グリーン成長などの分野で、自治体の連携を促し、地域主導の革新的取り組みを支援することにより、グローバルレベルの諸課題の解決に貢献することを目指しています。
お問合せ
お問合せ
ホームページ
ホームページ
ツイッター
ツイッター


Email Marketing Powered by Mailchimp