Copy
イクレイ日本 eニュース
イクレイ日本e-ニュース第27号 2017年9月6日
本メールは、イクレイのメールニュース配信をご希望いただいた方及びイクレイスタッフが名刺交換させていただいた方へ配信しております。
【目次】
●会員自治体ニュース

【川崎市】「川崎国際環境技術展2018」≪ 出展者募集中 ≫

川崎市では、企業等の有する優れた環境技術やノウハウを国内外に広く情報発信し、出展者の皆様の市場開拓や販路拡大につながるビジネスマッチングの場を提供する国際展示会「川崎国際環境技術展2018」の開催を決定し、出展者を募集しています!

今回で記念すべき第10回目を迎える川崎国際環境技術展に、ぜひ多くの方に出展いただき、この機会をビジネスチャンスとしてご活用ください。

日時 2018年2月1日(木)・2日(金)
   両日とも10:00~17:00
会場 川崎市とどろきアリーナ

前回開催実績
 【開催日時】2017年2月16日、17日 【出展者数】133団体/216ブース
 【来場者数】約15,500人      【ビジネスマッチング】約620件
 【海外来場者】中国、韓国、オーストラリア、モンゴル、オランダなど
        45か国から約200人が参加

出展対象分類
 「大気・土壌・水環境ビジネス」「廃棄物・リサイクルビジネス」
 「環境ソリューション」「省エネ・エネルギーマネジメント」「再生可能エネルギー」
 「水素エネルギー」「地域環境への貢献」「電力・ガス取引事業」
 「環境土木・環境建築」「IoT・まちづくり・スマートシティ」「エコプロダクツ」
 「農と食の環境ビジネス」「産学官連携」「国際関連」「気候変動適応策」

募集締切り 2017年10月10日(火)まで

詳細・出展申込み

●グローバルニュース
LR2017-programme

【明日開幕】地域再生可能エネルギー国際会議2017

≪ 最終プログラムを公開しました ≫

環境省、長野県、イクレイ共催による「地域再生可能エネルギー国際会議2017」の開催が、いよいよ明日に迫りました。国内外より約200名自治体、企業、専門家などが長野市に集い、都市や地域における再生可能エネルギーの普及に向けて議論を行う予定です。

最終プログラムやスピーカーなどの詳細は、会議ホームページよりご覧ください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

100%再生可能エネルギーを目指す都市・地域ネットワーク

イクレイが運営する、再生可能エネルギーへの転換に向けて積極的に取り組む先進的な自治体で構成されたネットワークに関する資料の和訳版を掲載しました!
100RE-brochure
ネットワークについて
100RE-city-profile
加盟都市プロフィール
cities-ipcc

Cities and Climate Change Science Conference:セッション・発表のプロポーザル募集開始

都市と気候変動科学に関するIPCCの国際会議、「2018 Cities and Climate Change Science Conference (CitiesIPCC)」が2018年3月にカナダ・エドモントンで開催されます。

同会議でのセッションや発表・ポスター展示のプロポーザルの募集が9月1日に開始し、10月6日まで受け付けています。

CitiesIPCCでは、研究者、IPCCの専門家、政府や自治体代表者が一堂に会し、気候変動と都市について議論を行う予定です。第6次評価報告書サイクル(AR6)における都市に関する特別報告書の作成に向けて、都市における気候変動の影響などの科学的理解を深めるための国際的な研究を勢いづけることが期待されています。

(写真:© Cities and Climate Change Science Conference)

詳細

cop23-climate-summit

【首長による気候サミット@COP23】ロゴが決定!

COP23(於ドイツ・ボン)の開催期間中に行われる「首長による気候サミット」を含む自治体関連のサイドイベントのロゴが公開されました!イベントの概要、プログラム、ロジ情報などについては、特設ホームページにて随時更新される予定です。

特設ホームページ(英語)

●イクレイ日本ニュース
iclei-cafe

第18回イクレイ持続可能な都市研究会(イクレイ・カフェ)を開催しました(8月21日)

第18回イクレイカフェは、「COOL CHOICE」をテーマとして取り上げ、新たな取組として、民間企業の方々と協働し、官民連携によるステークホルダーとの関わり合いによる課題発掘・推進方法を学び合う機会として開催しました。

環境省地球環境局地球温暖化対策課長 松澤 裕 様にお越しいただき、「2030年まで継続する国民運動『COOL CHOICE』」についてご発表いただきました。また、カーボンフリーコンサルティング株式会社取締役 池田 陸郎 様から、全国の取組事例についてご紹介いただきましたあと、カフェに参加いただいた9自治体(愛知県、板橋区、川崎市、北九州市、墨田区、東京都、名古屋市、武蔵野市、横浜市)において、素朴な疑問を交えながら、ディスカッションを行いました。

●国内外の自治体の取組み
ParkCity

米国ユタ州パークシティ:再生可能エネルギー100%に向けて

パークシティは、ユタ州有数のスキーリゾートとして知られています。人口7,800人の街に年間約300万人の観光客が訪れ、自然豊かな環境を軸とした観光が地域経済の重要な柱となっています。

地球温暖化による気候の変化が地域経済や住民の暮らしに大きな影響を与え得ることから、市は2016年に、事務事業で使用するエネルギーを2022年までに、また市域全体で使用するエネルギーを2032年までに100%再生可能エネルギーに転換すること目標に掲げました。これらの目標は、米国の自治体において再生可能エネルギーに関する最も野心的な目標となりました。また、出来る限り地域の再生可能エネルギーを活用することを目指し、市は地元電力会社などとの連携を深めています。

市議会にて目標が承認された時点では、具体的な達成方法などは明確にされていませんでしたが、野心的な目標の達成に向けて、パークシティは新たな施策や取組を推進しています。

●イベント・お知らせ
イベント

2017年

2018年


一般社団法人イクレイ日本
(イクレイ-持続可能性をめざす自治体協議会)


〒105-0003
東京都港区西新橋1-14-2
新橋SYビル4F
TEL: 03-6205-8415
FAX: 03-6205-8416

Email: iclei-japan(at)iclei(dot)org
URL: www.iclei.org/japan


イクレイについて


「イクレイ(ICLEI)-持続可能性をめざす自治体協議会」は、持続可能な社会の実現を目指す1,500以上の自治体で構成された国際ネットワークです。気候変動対策、低炭素社会づくり、生物多様性の保全、スマートインフラ構築、グリーン成長などの分野で、自治体の連携を促し、地域主導の革新的取り組みを支援することにより、グローバルレベルの諸課題の解決に貢献することを目指しています。
お問合せ
お問合せ
ホームページ
ホームページ
ツイッター
ツイッター


Email Marketing Powered by Mailchimp