Copy
移管専門のIFAスイッチ

ニュースレター | 2020年3月号

【マーケット概観】

今からリスクテイクのタイミング。「しばらく様子見」なんていう投資家はこの先も永久に勝てない

 
  • ようやく買い場到来
  • むしろ積立額増額、積立再開するべき

前回のメルマガでは「コロナウイルスのインパクト自体はそれほど大きくない」と書いた。しかし周知のとおり全世界同時株安が起き、私どもの見立ては間違っていたことになる。

ウイルスよりも速く「恐怖心」が人々の心の中に伝播してしまった。ダウは過去最高の下げ幅を記録した後、また2008年以来最高の上げ幅で週末を終えている。ネジが外れたようなこのボラティリティは「とっととポジションを手仕舞って様子見をしておこう」という気持ちが起こるのも無理はない。

しかし、株式市場はもともと高値圏にあると言い続けてきた。ようやく調整局面がやってきて、株式市場は高値から3割も安くなっている。今まで低金利&資産買取という中央銀行がおこなってきた「メッキ」が剥がれた瞬間でもある。

まさにこういうときのためにポートフォイリオをやや保守的に運営してきた。そして「株式は高値圏である」と言い続けてきた。現在の水準は高値圏ではない。PERもこの調整局面でようやく平均的な水準に回帰しつつある。これまでは経済の実力を無視して株式市場がつり上がっていたのが普通に戻っただけだ。

なので個人投資家はここから買い向かっていくべきだ。しかも積立投資というドルコスト平均法がいきるやり方であれば一括投資よりも数段安心して買い向かっていける。もちろん、現在の水準はコロナウイルスの経済損失の影響を完全に織り込んでいるわけではない。ここから更に2-3割下がったとしても何ら不思議ではない。

だからこそ買い向かう。私どもはもう何度もこの光景を目の当たりにしている。個人投資家が負けるタイミングは決まってこういう場合なのだ。高値で買ったものが下落していくのに我慢できず、損切りをする。損切りをすること自体は間違っていないが、損切りをしたことによる精神的なショックが尾を引いて次の買いに走れない。「市場が落ち着いてから」「様子を見ながら」なんて言っているまに売ってしまった水準をはるかに超えてまた次の高値圏を目指していく。そうすると完全に買うタイミングを逸してしまう。

積立を継続している方ならこのタイミングで積立金の増額を、積立を停止していた方ならこのタイミングで再開を。人が恐怖している場面でこそ強欲になるべきだというウォーレン・バフェットの言葉が今ほど染み入る場面はない。

そして今後さらなるネガティブなニュースが飛び込んできても、手を緩めない。運用の時価総額は落ち続けていても「より多くのファンド口数を買えている」と納得し次の挽回のタイミングを気長に待つべきだ。弊社のお客様が数多く経験しているが、時価総額が急にパッと上昇するタイミングがある。それは今までコツコツと積み立てを継続してきたからにほかならない。真面目に運用していれば、必ず報われるときがくるのだ。

リーマンショックとは似て非なるもの

 
  • 景気回復型、イベント型、信用収縮型
  • イベント型から信用収縮型にさせないために

株式相場の調整局面においては、大きくわけて3つのタイプがある。1つは景気回復型、2つめはイベント型、そして最後は信用収縮型だ。たとえば一昨年の12月、連銀が今後利上げを行うとして株式市場は10%以上落ち込んだ。これが1つ目の景気回復型だ。景気が回復する局面で金融政策を緩和から収縮にシフトする際に起こる。足元の経済は好調なので調整されたとしてもそこからまた上昇に転じる。2つ目のイベント型が今回のようなコロナウイルスや911同時テロのようなものだ。こちらも足元経済が好調である限りは調整局面は短命におわる。

そして最後がリーマンショックや1987-88年の日本のバブル崩壊である。リーマン・ブラザーズや山一證券などの金融機関が破綻することで信用収縮が起こる。これがもっとも深刻であるだけにもっとも尾を引く。

1つ目の景気回復型の調整局面の深刻度を1とするとイベント型は1-2、信用収縮型は5-10といったところか。今回、私どもがコロナウイルスの深刻度を甘く見積もっていたのは「イベント型調整局面は短命におわる」と考えていたからだ。

しかし景気の最終局面にあるような現在の状況での調整局面の発生はイベントがなくとも生きるか死ぬか瀬戸際にあった企業を死に追いやり連鎖倒産を招く。大企業は思ったような利回りで資金を調達できなくなり銀行は貸し渋り・貸し剥がしを行う。そうなると完全に信用収縮型の調整局面に突入する。

各国政府のタスクは今回のこの「イベント型」を「信用収縮型」にしてしまわないように大急ぎで金融政策・財政政策を動員するべきだが、G7の中でも利下げが可能なのはアメリカとカナダだけだし、減税は各国ともリーマンショック後に十分やってきたのでどこまで大きな手を打てるかはまだ分からない。

では仮に信用収縮型の調整局面になったとしたら? 結論は変わらない。買い向かう。むしろ値を下げてくれたほうがファンド口数をより多く買えるからむしろ好都合だ。

ポートフォリオ

 

ようやく買い場を迎えられたことで、リスク資産に資産を存分に振り向けられるタイミングがきた。今後1週間で順次ポートフォリオを変更するので、弊社のお客様は順次ポートフォリオを変更していただきたい。
 

【今月のお悩み相談】


【ご相談】海外の積み立て商品を検討しているのですが、日本で契約できますか?

知人からセミナーに招待され、海外で利回りの良い積み立て商品がある事を知りました。しかも、日本にいながら郵送で契約できるという事で手軽ですし、前向きに検討しています。しかし、ネットの情報などを見ると、香港に行かないと契約できないという事が書いてある記事もあるのですが、どちらが正しいのでしょうか?検討しているのはロイヤルロンドンとインベスターズトラストという会社です。



【IFAスイッチからの答え】日本で契約出来るものも出来ないものがありますが、まずは香港渡航をお勧めします

日本人が多く契約している海外積み立て商品には、日本にいながら郵送やインターネットで契約が完結するものと、香港現地に行かないと契約できないものがあります。前者はロイヤルロンドン、インベスターズトラスト、ハンサードなどが代表的です。一方、後者はサンライフなどが代表的です。(スタンダードライフやフレンズもそうですが、現在は日本人の新規契約受付を停止しています)

この違いは何かというと、その商品が香港証券先物取引委員会(SFC)の認可を受けているかどうかです。サンライフなどの商品はSFC認可なので、必ず香港の金融ライセンスを持つアドバイザーから香港で対面で説明を受けないと契約が出来ない事になっています。SFC認可の商品であれば例外はありません。

SFC認可を受けているという事は、商品の手数料体系やサポート面などがSFC及び香港金融管理局のルールに則って設計されている事の証明でもあります。また、保険会社に万が一のことがあった場合も投資家の資産が保護されます。SFC認可でない商品が全くダメという事ではないですが、国際金融都市香港で認可されているという事はひとつの安心材料と考える事が出来ます。厳しいルールに則って運用されている為、日本では契約できないのです。

さて、今もロイヤルロンドンやインベスターズトラストを紹介している日本の代理店は非常に多いです。これは何故かと言うと、代理店にとって売りやすい商品だからです。これらは認可されていない商品であるだけに、日本にいながら契約ができてしまいます。それは香港のライセンスを持った専門知識を持つIFAから、リスクに関する説明を聞くこと無く契約ができてしまうという事です。

代理店にとっては、顧客をわざわざ香港に連れていく必要が無いので、悪い言い方をするとラクして儲けられる商品という事になります。「ラクに契約できる」=「投資家に有利」ではなく、=「売る側にとって都合が良い」とお考え頂く方が無難です。日本の銀行から投資商品を買ってはいけないなどとよく言われるのも似たような理屈です。この場合は、回転売買により銀行が手数料を稼げる商品ばかりを勧めてきます。

香港の金融ライセンスを持つIFAは、SFC認可の商品しか売ってはいけないことになっています。長期的な運用を行う大切な資産の事ですので、契約の手軽さではなく、その中身や会社母体にもしっかり目を向けましょう。
 資産状況の確認はお済みですか?
今のIFAと連絡が取れない、代理店と連絡が取れない、運用状況がわからない、手続きをしようとしてもレスが遅すぎて進まない、今のポートフォリオ(ファンド)でいいのかどうか不安など、積み立て投資をされていてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。メール、Skype、LINEでの無料相談を受け付けています。

【電子ブック配布中です】
投資商品をまだご契約されていない方、契約したばかりの方、何年も経っている方、どのような方にとってもお役に立てるeBookを配布しています。まだダウンロードされていない方は以下の画像をクリックすればPDFファイルがダウンロード出来ます。



【目次】
誤解1. IFAってすごい能力の持ち主なんでしょ?
誤解2. 年利10%はカタイって聞いたけど?
誤解3. 英語が分からなくても問題ないんでしょ?
誤解4. 積立は数年過ぎれば止められるんでしょ?
誤解5. とにかく長く契約すればいいんでしょ?
※画像がうまく表示されない方はこちら
 
お気軽にお問い合わせ下さい