Copy
IFAスイッチ

ニュースレター | 2020年5月号

【5周年企画 - あなたのご意見をお聞かせください】
詳しくはこのメールの下部をご覧ください。
【マーケット概観】

大きな信用収縮は起きていない。今のところは。

 
  • この株価のラリーは異常
  • 運用アドバイスに盲目的に従うべきでない
  
先月、このようなことを書いた。これはあふれるニュースを分析する上でも役に立つので覚えておいて損はない。
株式相場の調整局面においては、大きくわけて3つのタイプがある。

1つは景気回復型、2つめはイベント型、そして最後は信用収縮型だ。たとえば一昨年の12月、連銀が今後利上げを行うとして株式市場は10%以上落ち込んだ。これが1つ目の景気回復型だ。景気が回復する局面で金融政策を緩和から収縮にシフトする際に起こる。足元の経済は好調なので調整されたとしてもそこからまた上昇に転じる。2つ目のイベント型が今回のようなコロナウイルスや911同時テロのようなものだ。こちらも足元経済が好調である限りは調整局面は短命におわる。
 
そして最後がリーマンショックや1987-88年の日本のバブル崩壊である。リーマン・ブラザーズや山一證券などの金融機関が破綻することで信用収縮が起こる。これがもっとも深刻であるだけにもっとも尾を引く。
巷のニュースでは現在「リーマン・ショックを上回る」とか「戦後最悪の」など様々な枕詞をつけて現在の状況を伝えようとしている。ニュースは耳目をひいて視聴率を上げ、最終的にはスポンサーとなるCMに多額の広告費を使ってもらうビジネスだから誇張はあって当然だ。

しかし株式市場で現実に起こっていることは3月の安値から20%以上も値をあげているということだ。もし現実が戦後最悪なら戦後最悪に株式市場も下げてなければおかしいが、現実は異なる。

これはなぜか。上記が説明となる。現在、まだ信用収縮が起こってないからだ。株式市場を一つの圧力釜とすると、窯の中から投資家の不安や恐怖が溢れ出そうになるのを中央銀行が必死に抑え込んでいる。信用収縮が起こるのはつまるところ市場参加者の心中が不安と恐怖で満たされ、「他人も市場も信用できない」という状態になることだ。

今のところ釜の蓋が開くのがまだ抑えられている、という段階だ。コロナ報道が主役だったのであまり報道されていないが連銀はETFはもちろん格付けの低い債券まで買うと言っている。しかもリーマン・ショック以降5年間にわたって拠出した資金と同額をたかだが2週間たらずで拠出したのだ。

日本だけでなくアメリカも、これだけ株式市場が中央銀行に買い支えられたことはかつて一度もない。株式市場と実体経済が乖離して久しいが、もはや乖離ではなく別物になっている。株式市場は実体経済の先行指標ではなくなっており、中央銀行のリスク資産買い入れパワーが市場を左右している。

一つ危惧しているのは、こういった政策がドル安を招きアメリカに悪性のインフレを引き起こすのではないかということだ。支出が増え、需要が高まるなかでインフレではなく単に中央銀行への信頼が失われドル安で起こるインフレ。そうなるとアメリカも日本と同じように失われたン十年を歩むことにもなりかねない。

短期的にも物流価格の上昇や人件費の高騰などで需要がないところでインフレが発生する可能性がある。お手元の現金は可能な限り置いておかれるとよい。

ポートフォリオ

 

株高が一服して上値が重い。中央銀行の緩和バズーカの威力はここくらいまでで、あとは経済が先に回復するかバズーカの威力が持ちこたえられるかのせめぎあいとなろう。

私どもの見立てだと1年以内に二番底が来るシナリオが60%、このままふらふらしながら維持あるいは上昇していく可能性が40%だとみている。リーマン・ショックの際もリーマン・ブラザーズが倒産してから一時的に株価は持ち直し、そこから大きな底が来た。それまでおよそ半年かかっている。同じ相似形を描くことはないだろうが、それから考えるとこの秋にも二番底が来る事になる。もちろん市場は刻一刻と変化しているのでこの秋のことはわからないし、明日のことですら見通すことなどできない。

私どもができるのはマーケットを常にモニターし適切なタイミングで最善のアドバイスを提供することだけだ。

とはいえいまのところラリーが続いているので、しばらくは静観していて構わないと考える。

※ ポートフォリオ変更の内容、変更の有無については、次回のサービス内容改定時からはご契約中のお客様のみにお知らせいたします。
 

【今月のお悩み相談】


【ご相談】契約してまだ1ヶ月だけど。。。

RL360°を契約しています。満期30年にしたのですが、現実35,000円という額が厳しく支払うのが困難です。やむを得ず解約したいと思っているのですが解約手数料がどのくらいかかるのか不安です。まだ支払いは1回しかしていません。




【IFAスイッチからの回答】
RL360°は契約から2年以内の解約の場合、それまで支払った金額が全て解約手数料として徴収される形になりますので、RL360°から新たに何か取られるという事はありません。

今すぐに解約手続きを行えば、手続完了時期に依りますが損失額としては2ヶ月分くらいでしょうか。クレジットカードからは毎月35,000円が引かれていってしまいますので、もし解約される場合はお早めにIFAや紹介者にご連絡される事をお勧め致します。

継続することによるメリットは多々ありますが、生活を切り詰めてまでやるものではありません。
5周年企画
平素よりIFAスイッチをご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。おかげさまで今年の夏で5周年を迎えることとなりました。「海外投資を真っ当なものにしたい」と始まった本サービス。最初は「こういった積立投資をしているのだけれど、担当者と連絡が取れなくなった」とか「ポートフォリオをどうやって管理しているのか、IFAの方針がいまいちわからない」などの海外投資のお困りごとを解決するためのサービスとして始まりました。金融商品の販売は一切行わず、ポートフォリオのご提案や各種事務サポートに徹するというわかりやすさでお陰様でご支持をいただけております。

ですが、5年前と比較して投資家にとってより良い状況になったか、海外投資家のお困りごとは少なくなったかというと、まるで少なくなっていません。金融商品の売り方はいまだに荒っぽく、個々人の投資経験やリスク許容量を全く無視したような販売のされ方がいまだにまかり通っています。極端なケースでは他社(A社とします)で海外積立投資を開始する前から「もし積立を契約したら開始直後からIFAスイッチ社にサービスをお願いしたいです」というケースまで頂いております。また逆に、「他社からこういう提案を受けているのだが、意見を聞かせてほしい」と弊社をセカンド・オピニオン的にスポットでご利用いただくケースもございます。

ご相談内容自体も多岐に渡り、相続のための税務相談や海外投資にとどまらない他の投資案件の検証など要求される範囲が拡大しています。 またこのコロナ禍でIFA業界では大規模なレイオフが始まっており、サービスのクオリティはますます落ち、不安を持たれる方も少なからずいらっしゃいます。弊社に対する皆様の期待がますます大きくなるのを実感しており、5周年を期にむしろサービス・人員を拡充させるべく様々な施策を検討しています。具体的には
 
  • 海外投資にとどまらない包括的な資産運用プランニング
  • 投資を始める前の方のためのIFA選びガイド
  • 一回のみのご利用メニュー

などです。また、もし「こういうメニューがあったら利用したい」と思うものがございましたら下記フォームよりお知らせくださいませ。 フォームは匿名・Eメール記入欄なしとなっております。
 
サービスメニュー・リクエスト
 資産状況の確認はお済みですか?
今のIFAと連絡が取れない、代理店と連絡が取れない、運用状況がわからない、手続きをしようとしてもレスが遅すぎて進まない、今のポートフォリオ(ファンド)でいいのかどうか不安など、積み立て投資をされていてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。メール、Skype、LINEでの無料相談を受け付けています。

【電子ブック配布中です】
投資商品をまだご契約されていない方、契約したばかりの方、何年も経っている方、どのような方にとってもお役に立てるeBookを配布しています。まだダウンロードされていない方は以下の画像をクリックすればPDFファイルがダウンロード出来ます。



【目次】
誤解1. IFAってすごい能力の持ち主なんでしょ?
誤解2. 年利10%はカタイって聞いたけど?
誤解3. 英語が分からなくても問題ないんでしょ?
誤解4. 積立は数年過ぎれば止められるんでしょ?
誤解5. とにかく長く契約すればいいんでしょ?
※画像がうまく表示されない方はこちら
 
お気軽にお問い合わせ下さい