Copy
移管専門のIFAスイッチ

ニュースレター | 2019年10月号

【マーケット概観】

香港経済はリセッション突入は確実



先月は香港のデモが香港経済にどのような影響を及ぼすかについて説明した。メディアで報道されているとおり香港デモはいまだ収束の兆しを見えておらず、もともとデモがなくとも脆弱だった香港経済にいっそうの打撃を与えている。第三四半期のマイナス成長は確実な情勢で、落ち込み幅は去年比で5%を超えるのではないかという予測もされている。とにもかくにもリセッション(景気後退)は確実な様子だ。

とはいえ香港の株式市場や不動産市場はまだ大幅な落ち込みを見せておらず、ピークからたかだか10-15%で投資家としてはなかなか触手が伸びる状況ではないのだが。

世界経済は減退の兆しを見せながらも耐えている



先月「石油価格は上昇はしないのではないか」という予想をしたが、予想どおり石油価格は上昇せずむしろやや下落した。世界的にカネ余りで投機的マネーが向かいやすい状況だとはいうものの、世界経済が減速しつつあるなかで石油価格だけが上昇するというシナリオは描きにくい。

すでに18ヶ月続いている米中貿易戦争に具体的な進展がない上(先日トランプはツイッターで農産物、技術、金融の分野でポジティブな合意に至ったと書いているが、それが果たして履行されるのかは分からない)、この米中関係のせいで明らかに農作物や機械ともに生産が落ち込んでいる。

1990年からの三回の景気後退では中央銀行はそれぞれ5%以上の利下げを行ったが、現在中央銀行が利下げできる幅はその半分もない。また日本やヨーロッパは部分的にマイナス金利を導入しているため、次の景気後退局面はリーマンショック時のような1年間で終わるものではなく長引くだろう。また、IMFも2019年度の世界経済の成長率を引き下げている。

次の景気後退局面がいつ来るのかを予測するのは難しいが、以下の理由から2020年度中に景気後退局面がくる可能性は50%未満であると考えている。
  • アメリカの失業率が異様に低いこと
  • 金融政策ツールが少ないとはいえ、中銀は指をくわえて待っているわけではないこと
  • 日米欧と違って、中国はまだまだショックに耐えられる体質であること
  • 家計における債務の割合が突出していないこと

中央銀行の努力の甲斐もあって、均衡状態がしばらく続くのではないか。

ポートフォリオ


すでに保守的な内容でポートフォリオを組んでいるので、今この段階でドラスティックに変更をする必要はないと考えている。お客様の中には「米中貿易戦争が深刻化している今こそ、逆張りの発想で大胆にリスクを取るべきではないか」というお声もあった。

逆張りの発想はもちろん理解しているが、私どもの考える「深刻」のレベルが現在のものとは違うのだ。現在景気は減退しつつあるものの「深刻」というレベルにはまだまだ遠い。私どもの考える「深刻」というのは大企業や金融機関が連鎖倒産するような事態である。そうなれば私どもも全力でリスクを取りに行くことになる。

現状はまだまだ「深刻」のレベルが浅いという認識なのだ。
 

今月のお悩み相談


【ご相談】ロイヤルロンドンを契約したいのですがどうしたら良いでしょうか?

海外投資セミナーでロイヤルロンドンを紹介され興味を持ちました。サンライフという会社の商品も紹介されましたが、契約には一度香港に行く必要があるため、ロイヤルロンドンにしようと思っています。

3万円から積み立てを始める事が出来、利回りも良く、資産を海外に移せる点を魅力に感じています。まだ、詳しい説明は読んでないので、説明を受けてから契約したいと考えています。



【IFAスイッチからの答え】契約方法の前に、ライフプランニング、商品内容の比較検討を!

ご自身で海外投資セミナーに行かれ、資産運用に興味をもつのは素晴らしいことだと思います。しかし、契約しようと決断する前に考える事があります。それは、ご自身の資産運用観と向き合うこと、将来必要な資産を見極める事、いわゆるライフプランニングです。それを行う前に商品を決めてしまうと、数年後に後悔するかもしれません。

ロイヤルロンドン(正式名称はRL360°)の積み立て投資商品は、15年、20年とブレることなく着実に積み立てを続けられる人であれば有効な資産運用手段となり得ますが、リスクの高い商品です。リスクには様々な種類がありますが、ボラティリティリスク、流動性リスクなどが代表的ですね。高利回りを期待されているようですが、海外の投資商品であろうとハイリスク・ハイリターンである事に変わりはありません。リターンの大きな変動にご自身が20年以上耐えられるかどうか、想像してみてください。

また、商品は当然ながらロイヤルロンドンだけではありません。サンライフの商品は香港に行かないと契約できないからという理由で断念してしまうのは本当に正しい姿勢でしょうか?大切なのは契約のしやすさではなく、会社の信頼性、商品の手数料体系などを比較する事です。香港に行かないと契約できないのには理由があります。香港の金融ライセンスを持ったアドバイザーから説明を受ける必要があるからです。それは見方を変えれば香港金融監督庁に守られた商品であると言えます。

一度の海外投資セミナーで商品を決めるのではなく、ライセンスを持ったIFA、アドバイザーに相談しましょう。
 積み立て投資への考え方が変わる!
今のIFAと連絡が取れない、代理店と連絡が取れない、運用状況がわからない、手続きをしようとしてもレスが遅すぎて進まない、今のポートフォリオ(ファンド)でいいのかどうか不安など、積み立て投資をされていてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。メール、Skypeでの無料相談を受け付けています。

【電子ブック配布中です】
投資商品をまだご契約されていない方、契約したばかりの方、何年も経っている方、どのような方にとってもお役に立てるeBookを配布しています。まだダウンロードされていない方は以下の画像をクリックすればPDFファイルがダウンロード出来ます。



【目次】
誤解1. IFAってすごい能力の持ち主なんでしょ?
誤解2. 年利10%はカタイって聞いたけど?
誤解3. 英語が分からなくても問題ないんでしょ?
誤解4. 積立は数年過ぎれば止められるんでしょ?
誤解5. とにかく長く契約すればいいんでしょ?
※画像がうまく表示されない方はこちら
 
お気軽にお問い合わせ下さい