Copy
Local Real Estate Market News
View this email in your browser

南カリフォルニア最新不動産情報     
暑い日が続きますが、皆様 お元気ですか?
7月30日の日曜日にはオールドタウンで少人数制の不動産購入セミナーを企画しています。まだ参加可能ですので、ご希望の方はぜひメールしてください。詳しくは以下をご覧ください。

アメリカは景気も順調で、不動産マーケットは緩やかな上昇を続けています。住宅ローンの利子率がまだまだ歴史的な低さであることも手伝って、物件不足はさらに加速しています。このような品不足状況で不動産を購入するにはコツが必要です。購入をお考えの方は、ぜひ早めにご相談ください。

不動産を売るにはとてもいい時期です。販売をお考えの方もぜひご連絡ください。また、不動産関係のご質問がありましたら、いつでもお気軽にお電話ください。

不動産のマーケット価格を調べたレポートを無料でお届けしています。ご希望の方はEメールで住所をご連絡ください。

Yukari Travis (ユカリ・トラヴィス)
携帯: 323-314-8284, Email:realtoryukari@gmail.com,
ホームページ:http://www.LosAngelesUSAfudosan.com
日本語フェイスブックページ:https://www.facebook.com/USfudosan/ 

2017年7月30日パサデナ(Pasadena)で開催 住宅購入の不安や疑問を解決する “初めての不動産購入”セミナー

不動産の専門家による少人数制セミナーです。

アメリカではじめて戸建て住宅、コンドミニアム、アパートなどの住宅投資物件を購入する方におススメ。住まいの資金計画で失敗したくない人、住まいの購入や買い替えをスムーズに進めたい人に必ず役立つセミナーです。これから住宅探しを始める方はもちろん、今すぐは始めないけれど数年内に住宅購入をお考えのかたにもぴったり。豊富な経験と知識を持つ不動産専門家がご質問にお答えいたします。少人数制ですので個別のご質問にもお答えできます。どうぞお気軽にご参加ください。

日時:7月30日 (日曜日) 午前10時半~12時まで (開場午前10時)
場所:パサデナ ディルベック不動産会議室
(225 E. Colorado Blvd. Pasadena CA 91101)
費用:無料(要予約)

内容:
• アメリカでの不動産取得のメリット
• 住宅不動産の種類
• カリフォルニアでの不動産取得の流れ
• 住宅ローンの組み方 (住宅ローンの種類、必要な頭金と収入、必要な滞在資格、クレジットスコアのローンへの影響、ローンがおりるまでの流れ、ローン会社・担当者の選び方)
• 物件探しのコツ
• 購入する価値がある良い不動産とは?
• バイヤー同志の競争に勝つオファーの書き方
• 建物調査での要注意事項
• 不動産購入にかかる費用
• これだけは気を付けようー不動産購入時の落とし穴

 

講師:ユカリ・トラヴィス (Dilbeck Real Estate 不動産スペシャリストRealtor)

お申し込み・お問合せ

Email:RealtorYukari@gmail.comまで。タイトルに「不動産購入セミナー参加希望」と書いてお申し込みください。 電話/テキストメッセージでのお問い合わせは(323)314-8284(携帯)まで。

Just Leased!
グレンデールのリース物件 
 E. Mountain Street, Glendale CA 91207

Rossmoyne地区という歴史的な豪邸が集まる人気エリアにある1926年築のスパニッシュスタイルの素敵な一軒家です。おかげさまで契約済みになりました。ありがとうございました。

  • 3 bedrooms, 2 Bathrooms
  • Formal Dining Room
  • 2 Car Garage
  • $4500/月

 

エスクローに入りました!
La Zanja Dr., Glendale CA 

  • 3寝室、3バスルーム
  • 1609 SQFT, 7552 SQFT Lot
  • リスティング価格 $949,000

 

Market Snapshot 最新市場情報
Los Angeles Countyでは価格は前年同月比5.3%上昇。(2017年5月データ)
 

以下はカリフォルニア不動産協会発表の2017年5月の最新の統計データです。これのよるとロサンゼルス都心部の不動産価格(当該月に売れた中古一軒家の中間値)は前年同月比で4.2%上昇しています。カリフォルニア全体では前年同月比で5.8%価格が上昇しています。

ロサンゼルス都市圏での前年同月比上昇率は5~6%で過去数か月落ち着いていますが、価格がロサンゼルス都市圏よりも安いインランドエンパイア地区での価格上昇率は前年同月比でなんと7.8%。カリフォルニア全体でコンドミニアムも7.2%も上昇しています。これは不動産の価格が全般的に上昇したため、バイヤーが安めのコンドミニアムやインランドエンパイヤ―地区に流れたためだと思われます。

カウンティ別でみると、ロサンゼルスカウンティの前年同月比の価格上昇率は5.3%。San Bernardinoカウンティの上昇率は11.1%になっています。これも安めの地区にバイヤーが流れたためでしょう。

5月に入って本格的な売り買いシーズンに入ったため、売買のボリュームは4月に比べてロサンゼルス都心部では20%以上も増えています。売り物件は増えたかもしれませんが、その分バイヤーの数も増えたので、品不足は全く解消していません。続いている価格上昇は品不足を反映したものだと思われます。

「アメリカは今不動産バブルですか?」という質問をよく受けます。将来の不動産価格を完全に予測することは誰にもできませんが’、私は現在の価格はバブルではないと思っています。その理由は住宅価格が急上昇する前の2000年の不動産価格を基にして「不動産は毎年大体3-4%上昇する」という仮定で計算すると概ね現在の価格になるからです。2007年の価格の下落を2013年ごろから取り返し、現在やっと普通に直線的に上昇した場合の本来価格に追いついたと言えるのではないでしょうか。
 
My Facebook Page
My Facebook Page
Facegook Page for Mt. Washington/Glassell Park/Cypress Park
Facegook Page for Mt. Washington/Glassell Park/Cypress Park
My Homepage
My Homepage
Share
Tweet
Forward
Copyright © 2015 Yukari Travis All rights reserved.
Our mailing address is:
Yukari Traivs
1030 Foothill Blvd.
La Canada, CA 91011

Add us to your address book


unsubscribe from this list    update subscription preferences 

Email Marketing Powered by Mailchimp